タロットセラピストが見る日常

タロットセラピーの活動をするインディゴエイジ・アレクサンドロ原田の気付きと学び。キーワードは「自分で考える」「他人のせいにしない」。

エネルギーを高める

「直前に都合が悪くなる」という現象を考察してみる

直前に都合が悪くなるという現象がありますね。例えば・・・


楽しみにしていたライブ、夕方に会社でトラブルが発生して、行けなくなった。

1ヶ月前から決めていた会食、当日子供が熱を出して、行けなくなった。

半年前から練習していた発表会、前日夜に顧客のシステムに障害発生、欠場せざるを得なかった。

待ちに待ったセミナー、前日に急に実家から親が出てくることになって、家にいなければならなくなった。

空いている日に約束したのに、会議が1日前倒しになって出来なくなった。

一年前から行きたかった旅行なのに、直前に休日出勤を命じられてぽしゃった。



いろいろありますが、このような現象に見まわれる人々をつぶさに観察していたら、ある一つの共通点が浮かんできました。

それは「自分が自分のやりたいことをやるのを許していない」ということです。あるいは「自分の都合より他人の都合を優先しなければならないという思い込み」や刷り込みがあるということです。

それは、自分は何かに服従しなければならないという「概念」だったり、自分は主体的に考える資格がないという「思い」だったり、誰かに従わなけれ ばならないという「観念」だったり。または漫然とした無価値感だったり自信を持てないことだったり。もしかしたら、それをやることへの無意識の後ろめた さ。

そんなこと言ったって、会社の仕事は大事だし、家庭の事情だってあるだろ!って思う方もいらっしゃるかと思います。確かに、システムトラブルとか 病気とかが毎日のように発生するのであれば、話は変わってきます。しかしながら日ごろは何とも無いのに、ここぞという時に限って絶妙のタイミングで発生し ているのであれば、考える予知がありそうです。

いずれにせよ、上に挙げたようなことが心のどこかにあると、直前でダメになる現象を無意識に「引き寄せの法則」しているって考察してみました。

これまでに権威的なものへの服従を強いられたり、人を支配したがる人に逆らうことすら出来なかったり、といったことで洗脳されちゃっているのでしょう。

かくある小生も以前そのパターンでした。身内に支配したがる人(逆らえばブチ切れたり殴られたり)による影響がありました。それで大学の研究室も 会社の先輩も、直前で予定を握りつぶす人ばかり引き寄せていました。例えばフルートのレッスンのある日ばかりなぜか残業が発生するなど。

だけど、あるとき「そういう現象はしなくていい」と自分に許可したら、変化が起こりました。今では忙しい時期に「この日だけは上野発19時3分の列車に乗りたい」って思っていると、なぜかその日だけ時間があいて早く仕事が終わるようになりました。


やはり自分で自分がやりたいことやるのを本当に許しているか、ということは大事な課題だということです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

他人のせいにして良いこともあります

自分に起こる現実を他人のせいにするべきではありませんと、多くの方が説いています。でも他人のせいにして良い時もあります。それは上手くいった時。

Aさんのおかげで成功しました。
Bさんのおかげで助かりました。
Cさんのおかげで調子が良いです。


どんどん「他人」のせいにして「ありがとうございます」で締めくくると良いです。

なぜ電車は「降りる人が先」なのでしょうか?

最近凄いことに気付いてしまいました。 なぜ電車は降りる人が先で、乗る人が後なのでしょうか?
IMG_2552

それは、先に降ろさないと新しく乗る人の場所が無いからです。 実はこれって宇宙の法則そのまんまではありませんか?

即ちこれから得られる量は、これまで出した量に比例する、ということ。
簡単に言うと、「出したら入ってくる」ということ。 出す方が先、入ってくるのは後。そういえば出入口とは言うけど、入出口とは言わないですね。

だから、人に親切にしてもらいたかったら、まず自分が人に親切にするのです。自分を高めたかったら、まず身銭切って勉強(自己投資)するんです。

執着しているものを手放すと必要なものが手には入るというのもあります。

一方、お金があったら勉強しますって人は例外なく成長しないし、周りが優しくしてくれたら自分も人に優しくするって人は間違い無く嫌われます。

あたかも、神社で「御利益があってからお賽銭入れにきます」って言うようなものです。 人間だって食べるばかりでウ○○しなかったらエラいことになります。

電車に乗る時、降りる人がいるのに無理矢理乗り込もうとしないよう、注意したいものです。

イヤな事があったら「良い勉強になった」と言おう

いつもツイテルと思って楽しく生活するよう心がけていれば嫌なことなんてこれっぽっちも無いはず・・・ですがやっぱり不本意なこともあるものです。


そういうときはツイテナイとかorzとか言わないで、「良い勉強になった」と言えば良いです。

例えばせっかく出かけたのに定休日だった時。少なくともその曜日が休みだと知ることが出来たから次からは失敗しないし、出掛ける前に確認することの大切さを学ぶことは出来たわけです。

「良い勉強になった」と言うようになると、むしろ学んでやるからイヤなことかかってこい!って気持ちになります。そういうときはなぜかイヤなことは起こらず、なんでもうまくいって肩透かし喰らうのですが(笑)


自分に負けなければいい〜秋葉原通り魔事件から4ヶ月

東京・秋葉原で発生した加藤被告による17人の殺傷事件から4ヶ月がたとうとしています。加藤被告のトラックにはねられた人を救助しようとして刺されて重症となったタクシー運転手のお話が新聞記事にありました

どのような方なのでしょうか。記事から引用しました。

 宮崎県内の高校を卒業後に上京。10年間、ホテルで料理を修行し、29歳で地元に戻りカレーショップを開いた。しかし1年で失敗。親族から借金し、長女のミルク代にあてた。運転手に転じて生計を立て、今も貯金を取り崩しながら暮らす。

そして本人はこのような境遇に対して「勝ち負けはどうでもいい。自分に負けなければいい」と述べているそうです。とても重みのある言葉です。自分に負けない、大切なことですね。そして「事件を社会のせいにするのは違う。(加藤被告は)てめえに負けたんだ。」と続けていました。

物事を周囲や他人のせいにするという生き方がありますが、果たしてそこからは何が生まれるのだろうかと、改めて考えさせられた言葉でした。

08.力関連するタロットカードの意味解釈:ストレングス

自分に負けない精神力を持つ。この絵が象徴する力とは精神力を指す。

プロフィール
インフォメーション




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

精神世界ランキング


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします

記事検索
過去の記事
よく検索される単語
  • ライブドアブログ