直前に都合が悪くなるという現象がありますね。例えば・・・


楽しみにしていたライブ、夕方に会社でトラブルが発生して、行けなくなった。

1ヶ月前から決めていた会食、当日子供が熱を出して、行けなくなった。

半年前から練習していた発表会、前日夜に顧客のシステムに障害発生、欠場せざるを得なかった。

待ちに待ったセミナー、前日に急に実家から親が出てくることになって、家にいなければならなくなった。

空いている日に約束したのに、会議が1日前倒しになって出来なくなった。

一年前から行きたかった旅行なのに、直前に休日出勤を命じられてぽしゃった。



いろいろありますが、このような現象に見まわれる人々をつぶさに観察していたら、ある一つの共通点が浮かんできました。

それは「自分が自分のやりたいことをやるのを許していない」ということです。あるいは「自分の都合より他人の都合を優先しなければならないという思い込み」や刷り込みがあるということです。

それは、自分は何かに服従しなければならないという「概念」だったり、自分は主体的に考える資格がないという「思い」だったり、誰かに従わなけれ ばならないという「観念」だったり。または漫然とした無価値感だったり自信を持てないことだったり。もしかしたら、それをやることへの無意識の後ろめた さ。

そんなこと言ったって、会社の仕事は大事だし、家庭の事情だってあるだろ!って思う方もいらっしゃるかと思います。確かに、システムトラブルとか 病気とかが毎日のように発生するのであれば、話は変わってきます。しかしながら日ごろは何とも無いのに、ここぞという時に限って絶妙のタイミングで発生し ているのであれば、考える予知がありそうです。

いずれにせよ、上に挙げたようなことが心のどこかにあると、直前でダメになる現象を無意識に「引き寄せの法則」しているって考察してみました。

これまでに権威的なものへの服従を強いられたり、人を支配したがる人に逆らうことすら出来なかったり、といったことで洗脳されちゃっているのでしょう。

かくある小生も以前そのパターンでした。身内に支配したがる人(逆らえばブチ切れたり殴られたり)による影響がありました。それで大学の研究室も 会社の先輩も、直前で予定を握りつぶす人ばかり引き寄せていました。例えばフルートのレッスンのある日ばかりなぜか残業が発生するなど。

だけど、あるとき「そういう現象はしなくていい」と自分に許可したら、変化が起こりました。今では忙しい時期に「この日だけは上野発19時3分の列車に乗りたい」って思っていると、なぜかその日だけ時間があいて早く仕事が終わるようになりました。


やはり自分で自分がやりたいことやるのを本当に許しているか、ということは大事な課題だということです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

インディゴエイジ タロットセラピー・アレクサンドロ原田公式サイト