タロットカードと言えば多くの人は「ああ、占いね」と言います。もちろん占いも一つの側面です。その一方で小生は「タロットセラピー」という言葉を使っており、あえて肩書きも占い師ではなくセラピストとしています。

今回はタロット占いとタロットセラピーの違いを説明してみましょう。

占いとは自分の運勢や未来がどうなるかという情報を取得する行為です。インターネットにたとえるとサーバーからデータをダウンロードしてくる行為です。

ところで、インターネットでするのはダウンロードだけではありませんね。自分のホームページを作っている人はアップロードもします。アップロードするとホームページの情報が書き換わります。前とは違う内容が公開されます。するとホームページを見た人の反応も変わりますね。

自分でホームページを作っていない人はアップロードを行ったことが無いかと思いますが、ご自宅で利用していているインターネット接続環境ではアップロードそのものは行うことが出来るはずです。だから将来気が変わってホームページを作りたくなった時にアップロードが出来るわけです。つまりアップロードを出来るけれど、その機能を今は使っていないだけなのです。

実はタロットカードにもこの「アップロード」に相当する行為が可能なのです。占いはダウンロード、そしてタロットセラピーが「アップロード」なのです。

運勢や未来がどうなるかという情報を取得するのが占いだと説明しましたね。ではタロットカードでアップロードするタロットセラピーでは何をアップロードするのでしょうか?

それは「自分の運勢や未来がこうなって欲しいです」という願望の情報をアップロードしているのです。すると、運勢や未来がそこに向かって動き出していくわけです。あるいはそれを実現するのに必要な情報が降りてくるのです。

もし実現しなかった場合は、なぜ実現しなかったのかのエラーメッセージに相当する情報が降りてきますから、次につなぐことが出来ます。

ちょっと例を挙げてみましょう。占いで「片思いの人との恋は実りません」と言われたとします。多くの人はここでおしまいにしてしまうわけです。これはいわばホームページの内容に「片思いの人との恋は実りません」と書かれているということです。それならばこのホームページを書き換えるべく新しいデータをアップロードしてしまえばいいのです。

そこでタロットセラピーです。「片思いの人と両想いになれますように」という情報をこちらから書き込んでしまいます。そして潜在意識を書き換えていくなど、その状態が実現するように必要なことを降ろしていきます。タロットセラピーは、いわば自分の運気を自分の好きなように設計することなのです。

自分の未来をすばらしいものにしてくれるタロットセラピーを体験したい方はぜひインディゴエイジのワークショップ・セミナーにお越しください。

インディゴエイジ タロットセラピー・アレクサンドロ原田公式サイト