ライダー・ウエイト版をお使いの方にとっては、2009年は100周年の特別な年ではないでしょうか?。なぜならば、ライダー・ウエイト版の絵柄はちょうど100年前の1909年に誕生したからです。

画家のパメラ・コールマン・スミス女史は1909年にアーサー・エドワード・ウエイト氏にタロットカードの製作を依頼されました。同じ年に完成して、ウイリアム・ライダー・アンド・サン社から出版されました。ライダー・ウエイト版という呼称はここに由来しています。

ライダー・ウエイト版を愛用している人は世の中に沢山いらっしゃるはずなのですが、100周年として盛り上がる様子が無いのは、パメラ女史がウエイト氏に比べてあまり有名にならなかったが故なのでしょうか。

ただ、顔写真はライダー・ウエイト版の箱にもれなく入っているので、ウエイト氏自身よりも見たことある方は多いと思います。pcs-large

インディゴエイジ タロットセラピー・アレクサンドロ原田公式サイト