10月18日(土)は東京の大久保地域センターで「タロットで前世リーディングに挑戦」というワークを行いました。今回も1日がかりの長時間ワークで設定 いたしました。開始前にDNAアクティベーションを1名行いました。このセッションのために行った場作りはその後のワークショップにも生きます。

午前中は基本的なことをおさらいしました。絵を見て感じ取る練習です。まずは絵を見る練習として7並べを行いました。トランプはタ ロットカードか ら派生して発展した歴史がありますから、タロットカードで「ゲーム」を行うことは実は理にかなっているのです。順番に並べるためにはもちろん一枚一枚の絵 をじっくり眺める必要があります。
13915484_2695390126
慣れたところで今度は、絵を見て物語の短文を作ることをグループでリレー形式で行いました。まずは鑑定 とかリーディングってことから離れて、イマジネー ションだけで遊ぶと、自然に身近になっていくものなんですよね。毎回出ている人には繰り返しこのワークをやることになりますが、何度もやって良いと私は思 います。これまでのワークショップ開催で培ったアイデア、「うちでも取り入れていいですか?」と申し出があったら無碍に断ることはないですが、黙って勝手 にパクろうとする人が居るのは正直気分良くないですね。

そしてランチタイムはコリアンタウンに繰り出しました。今日初めて大久保エリアに来た人は街中ハングルの看板ばかりなのに驚かれたよ うです。お店 のメニューはカタカナで書かれていましたが、それがどんな料理なのか・・・。たまたま韓国料理に詳しい参加者さんが居て、本当にお世話になりまし た。
石焼ビビンバ
午後はいよいよ前世リーディングに挑戦しました。前世リーディングといっても「あなたの前世はヨーロッパの 王侯貴族でした」なんてお話をするのではなく、 今の自分に一番重要で必要な情報は何か?というお話を組み立てていきました。そもそも時代とか地名とかって、後付で定義されたものもありますし、その当時 の自分とリネージ(霊統)のある存在が時代や地名を認識していたかどうかは分からないのです。
13915484_4135230603
自分自身の潜在意識や本質にアクセスすることが多いワークですので、メディテーションも多用して行いました。エ ネルギー的にちゃんと場を整えて「波動」をキープするといった裏方作業も、主催者として大事なことだと考えております。

時間がたつのも早いもので、あっという間に終了の17時が近づいてきました。今回、時間管理(タイムキーピング、タイムマネジメン ト)に課題が残ったと感じましたが、どなたも必要なメッセージを無事に受け取ることが出来たようです。

帰りは有志でアフター。いつもはお茶会なのですが今回はがっつりワークしたせいか、おなかすいた人が多く、「にくー!にくー!」コー ルもあったので(むしろ自分が食べたかった)、ベトナム・タイ料理のお店へ行きました。
ベトナム風ソーメン
見た目マイルドそうだけれど、 とってもスパイシーだったベトナム風ソーメン、いい感じに焼いたお肉など、がっつり食べました。

今回ご参加いただきましてありがとうございました。

インディゴエイジ タロットセラピー・アレクサンドロ原田公式サイト