937c1055.jpgドリームキャッチャーと呼ばれるネイティブアメリカン(インディアン)由来のアイテムがあります。輪の中に網のように糸を張り巡らし、下部に鳥の羽をぶら下げます。大きさや細かなデザインにはいろいろあるようです。これは何のために作られたのでしょうか?

夢を現実化してくれるアイテムだと思っている人が多いようですが、実は違います。寝ている時に悪い夢を見ないようにキャッチしてくれるアイテムなのです。まるでバクのお話のようですね。英語圏では悪い夢をnightmareと言いますが、直訳すると「夜の魔物」です。すなわち悪夢を見るのは魔物が攻撃してくるからと考えられていたわけです。ドリームキャッチャーはその魔物が襲い掛かる前に捕まえるトラップとも言えますね。すなわち魔物を自分から遠ざける、お守りなのです。

最近、恋を捕まえるという触れ込みでハート型のドリームキャッチャーが出回っているそうですが、もしかしたら恋を叶えるキューピットを捕まえて遠ざけてしまうかもしれません(笑)。アイテムは正しく理解して使いたいですね。

そしてすでにドリームキャッチャーを持っている人は、悪夢を遠ざけてくれていることに感謝しましょう。

 ドリームキャッチャー/バックスキン(サントドミンゴ・Tortalita作) ドリームキャッチャーの一例






インディゴエイジ タロットセラピー・アレクサンドロ原田公式サイト