いろいろ考えてみましたが、パラダイムシフトかもしれません、これは。やっとぴったり言える表現が思いつきました。何のことかといいますと、先日の東京すぴこん(2007年12月15日〜16日)で感じたことです。

今回の来場者数、昨年同時期の1/3という実感でした。すぴこんの役割も位置づけも変化しているということですね。この現象を、「すぴこんは低い波動の掃き溜め」といった批判をする人も居ます。まあ、否定はしませんけれども(笑)。だけれど、それだけに決め付けてしまうことは出来ないと思います。。

私自身は、お客様の求めているものが変化していることを感じました。以前から薄々感じていましたが、今回それを一層感じました。ブース内でもそういう話になりました。何かのセッションを受けるというスタイルが、パラダイムシフトを起こしているのだと思います。

そんな中でも活況なブースもあって、なるほど、そういうことか感じる点も沢山ありました。広い意味で勉強になることが沢山あった2日間だったと思います。自分のスタイルを考えていきたいと考えております。最後になりましたが、今回足を運んで下さいました皆さま、ありがとうございました。

インディゴエイジ タロットセラピー・アレクサンドロ原田公式サイト