ストレス解消のためにタバコを吸うと言う人がいます。仕事で苦しいことが続くとタバコが手放せないと言う人もいます。果たしてタバコを吸うと本当の意味でストレスが解消されるのでしょうか?

答えはノーです。

「そんなことは無い。吸ってみれば分かる。実際に気がまぎれてストレスに感じていたことがどうってことなくなる。」と言う人も居るかと思います。これは正しくはストレスを感じ取る感覚が鈍って、あたかもストレスが存在しないかのように思っているのです。

ストレスを受けると身体が弱まり、エネルギーが抜けてしまったような状態になります。このような時は呼吸は浅くなるし、身体も縮こまりやすくなる故に血液の流れも滞ります。

このような時にタバコを吸うと身体が満たされた気分になります。これは肺に煙が入ることでエネルギーが沢山あるように錯覚しているのです。そうです。満たしているものの正体は「煙」なのです。そしてこの煙はイライラなどストレスを感じるハートを文字通り煙に巻いて、鈍感にしているのです。

この状態がいわゆる「タバコを吸うとストレスが解消される」というものです。もうお分かりだと思いますが、実際にはストレスの原因を感じ取る働きが麻痺しているだけで、原因そのものはなおも存在しているわけです。

本当の意味でストレスを解消しようと思ったら方法は2つしかありません。

ひとつはストレスの原因を潰すことです。例えば上司の口調が気に入らない時にするべきことは喫煙所で愚痴をこぼすことではなく、勇気を出して上司に話をするか、さらに上の管理職に直訴するかなのです。

もうひとつはそれをストレスと感じない強さを自分が持つことです。発想を変えてストレスであると解釈しなくなることも含まれます。

ストレスが多いからと、タバコにすがったとしてもタバコは本当の意味では何も助けてくれないのです。

08.力関連するタロットカードの意味解釈:力

本当の意味で物事を解決したいと思うのならば、別のものにすがっても誤魔化されるだけ。物事の本質に立ち向かっていくことが本当の意味での強さ。


インディゴエイジ タロットセラピー・アレクサンドロ原田公式サイト