Winny(ウィニー)による機密情報漏洩事件は次から次へと発生しています。以前の投稿「道具を悪者にするのは本質ではない」でも取り上げましたが、何が原因かは本質的につかむ必要があります。それこそが対策の第一歩なのです。

ところで一連の事件を伝える記事で気になることがあります。それは殆どWinny(ウィニー)が入っているパソコンを主語とした文章であることです。ここで考えてみてください。本当の「悪者」は誰なのでしょうか?ウイルスを作った人でしょうか?確かに悪いですね。でももっと考えてみてください。

そもそも機密情報を扱うパソコンにWinny(ウィニー)を入れること自体に問題は無かったのでしょうか?

同ソフトによる機密漏えい事件は何件も発生し、盛んに報道されています。にもかかわらず被害が耐えないのは、それらの報道を自分には関係ないという程度の意識でしか捕らえていなかったのではないでしょうか?あるいは良く有り勝ちな「自分は大丈夫」という安直な意識も無かったでしょうか?

また、自分のパソコンで扱っているデータがどれ位重要であるか、もしそれが漏れたらどうなるのか認識しているのでしょうか?それが認識できればWinny(ウィニー)と同居させることが好ましくないと判断できるはずです。

少なくとも、とりあえずWinny(ウィニー)を削除しておこう、位のアクションは取れたはずです。Winny(ウィニー)による機密情報漏洩事件はユーザ一人ひとりの意識が低いままでは収束しないと考えます。

なまじマスコミがWinny(ウィニー)を主語にした文章ばかり報道するからどうしても意識が薄れるのかもしれません。だからこそ各自が「報道は○○だが、本質は何だろう?」と自ら考えることと「この問題は自分に本当に関係ないだろうか?」と自ら気づくことが重要なのです。

02.女教皇関連するタロットカードの意味解釈:女教皇

周りの情報に惑わされず、冷静に自分で判断する

インディゴエイジ タロットセラピー・アレクサンドロ原田公式サイト