タロットセラピストが見る日常

タロットセラピーの活動をするインディゴエイジ・アレクサンドロ原田の気付きと学び。キーワードは「自分で考える」「他人のせいにしない」。

2012年大予想



あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
2012年の日本がどんな1年になるかをタロットカードのホロスコープ法で見ました。

なんとも厳しい結果が出てしまいましたが、あえて公開することに致しました。
そしてここに出ているのはあくまでも現時点での予測です。未来は自分の行動パターンや思考パターンさえ変えれば幾らでも変わるということも忘れないで下さい。
IMG_0047
総評:大アルカナの比率が低いので2011年程の大きなシフトは無く、むしろ長い目で見てこれから数年間の基礎固めをしていくことが予想されます。小アルカナは情報やコミュニケーションを象徴する剣のカードが多いため、人間同士の関わり方がクローズアップされていくことでしょう。情報のやりとりや情報そのものの価値が重視されますが、人物カードが目立つため、インターネットの普及というよりも、生身の人間同士のやりとりが見直されるのではと思います。

各項目の詳細 (R)は逆位置

(1)キーカード 恋人(R)
人と人とのコミュニケーションに潜む課題を見直す一年になります。伝わるはずのことが伝わらないなどの課題もありそうです。

(2)今年一年の傾向 法王
本物志向ないし専門性の高い人が注目されるようになります。知識を求めて習い事をする人、学校に通う人が増えそうです。

(3)経済 運命の輪(R)
タイミングが課題になります。折角景気が上向きになりそうだと思った時に株価を急落させる別の事件が起こってガッカリする、消費税やTPPなど経済に関わるニュースの告知が国民にとってあまりにも遅すぎるタイミングで行われるなども考えられます。

(4)メディア 棒8
一方でニュースや情報をいち早くキャッチしようと動く人達も居ます。大手メディアが報じるより前にインターネットでリークするということが増えそうです。口コミも広がるのが早くなりそうです。

(5)家庭や住居 剣クイーン
一般家庭では生活について厳しいと考える人が増えそうです。その為家計の引き締めを行うことはもとより、物の要る要らないをはっきりさせる人が増えます。その為商売する側はヒットして売れる人とまるで売れない人がばさっと別れそうです。

(6)余暇・娯楽 剣キング
これまで余暇や娯楽を我慢してきたかのように見えた男性が今年は、厳しい中でも柔軟に工夫して楽しみを見つけていこうとしていくことが予想されます。強いて言えばスリルを求めるようなものが注目されそうです。

(7)医療・健康 剣8
今年は医療を受けられない人の存在が注目されそうです。格差社会で健康保険を持っていない人などでしょうか。いかにして医療を受ける権利を行使できるようにするかを議論する人達も居ることでしょう。

(8)人々の繋がり 剣5(R)
今年は企業の合弁や連携解消、大物の離婚等パートナーシップの破綻がニュースになりそうです。それは片方の裏切り、あるいはとんでもない秘密の暴露などが原因かもしれません。

(9)資産・景気 金貨4
持っている人はため込んで流さずという傾向が強まりそうです。それは守りに入っているということもありますし、妥当なお金の流し先が見つからないということもありそうです。停滞感があるかもしれません。

(10)学問・教育 カップ7
中々明るい話題が出てこない世相から、ファンタジーや空想に着目する人が増えてきそうです。フィクションで良い作品が出てくる一方、現実逃避して仮想世界等に逃げ込む人が社会問題化するかもしれません。

(11)日本の世界での役割 カップナイト(R)
リーダーシップを発揮しようとする一方、他国に良いように使われて振り回されたり、より強い国の都合を押しつけられたり、混迷がありそうです。

(12)人々の活動 カップ3
身近な人同士で繋がって楽しく過ごすという人が増えそうです。もしかしたらグローバル化よりも地産地消が見直されるきっかけが出来るかもしれません。

(13)課題 棒2
如何に広い視野で物事を見て計画を立てられるかが課題になります。目先のことしか見ていないで失敗する人や組織というものが今年は現れそうです。

失業率4.5%ならば、残りの95.5%の人は?

暮も迫りました2011年12月29日の新聞記事によりますと、11月の失業率は横ばいで4.5%、有効求人倍率は改善0.69倍とのことです。

4.5%ならいつもと同じくらいじゃないかと思う前に失業率の定義についておさらいしておきましょう。すると気付いていなかった問題点が見えてきます。

失業者とは「働く意思があり、求職活動をしているにも関わらず就職が決まっていない人。」という意味です。そして求職活動にはハローワークに通うという意味も含まれており、失業者数はハローワークなど公的機関を利用している人を根拠にして掴んでいます。そういう意味では失業者として公表されている人数の影には民間の転職サイトのみを利用して求職している人が潜んでいる事になります。

さらに厚生労働省の定義によりますと以下の者は失業者としてみなされないことになっています。
  1. 1週間のうち、1日でも働いて賃金を得た者
  2. 家事手伝いを行っている者
  3. 求職意欲を失った、仕事に就くのを諦めた者
  4. 雇用調整助成金で企業内失業となっている者
  5. 不労所得が十分にあって働く意志・必要がない者 
失業者では無いと言うことと、充分な生活費を得て安全に暮らしていると言うことは全く違うということが見えてきます。例えば(1)番は、社会問題にもなった日雇い派遣で食いつないでいるネットカフェ難民とか(24時間営業の)ファストフード難民とかも含まれることになります。

そして(3)番はいわゆるニートだけでなく、病気になって就労は困難であると判断した人達も含まれます。このご時世、求職活動をしてもどうせダメだと諦めて引きこもってしまった人がどれくらい居るでしょうか。失業率が4.5%ならば、残りの95.5%の人は平穏無事に生活が出来ているわけではないのです。 数字はその根拠や計算方法を良く押さえて捉えることが大切です。

関連するタロットカードの意味解釈
11.正義
正義 物事の基準をしっかり把握することの大切さを示唆します。 

見破れますか?振り込め詐欺

依然として被害報告がなされている振り込め詐欺。自分は気を付けているから騙されないと心に決めていても、一瞬の心の隙を突かれる恐れがあります。本当に騙されないためには敵についてよく研究することが重要です。その研究に役立ちそうな新しいページが警視庁の公式サイトにて公開されました。

あなたは見破れますか?振り込め詐欺のテクニック

特徴は単なる事例紹介ではなく、実際にかかってきた電話をウィンドウズメディアプレイヤー形式の音声ファイルで公開していることです。実際に聞いてみましょう。手口が巧妙化してつい信じて(騙されて)しまいそうになる人も居るかと思います。

この音声を聞いて、本当に振り込め詐欺の電話がかかってきた時に然るべき行動を出来るように心の準備をしておくのも良いでしょう。打ち負かされないために大切な事は、いかに敵を研究するか、です。

関連するタロットカードの意味解釈
W9S
ワンド9 入念な準備をして来るべき時に備える

福袋に向く人と向かない人の違い

年末年始になりますと話題になるのが福袋。様々な趣向を凝らした福袋を見かけますが中身は開けてみてからのお楽しみ。インターネットスラングでは著しく期待を下回った福袋を「鬱袋(うつぶくろ)」と称していたこともありました。一方で自分が欲しかったものが入っていればこの上ないラッキーであり、ギャンブルのような楽しみもあることでしょう。

福袋を喜んでいる人と、鬱袋を引き当てる人では何か違いがあるのでしょうか?インターネットのニュースサイトを始め、様々なメディアで紹介されている「福袋情報局」 というサイトに興味深い記述がありました。

以下サイトからの引用です。

『福袋向きでない人』
  • 損得を最優先する人…損得を最優先に考えている人は福袋を購入するよりもバーゲンなどで欲しい洋服を購入したほうがいいでしょう。
  • 服にこだわりがある…お気に入りのブランド服でも、こだわっているならバーゲンで購入した方がいいでしょう。福袋が発売している時にほとんどがバーゲンをおこなっていますしね。もし欲しい商品が決まっているならバーゲン会場に向かうといいでしょう。逆にある程度数が欲しいなら福袋会場に向かうといいでしょう。
アパレル系の福袋についての記述と思われますが、「服」の部分をゲームとかパソコン周辺機器とか自分の欲しいものに置き換えればジャンルを問わずに当てはまると思います。

『 福袋向きの人』
  • いらない物をうまく再利用できるかどうか…福袋の中には自分が着ない物・いらない物が入っている可能性があります。そのいらないものをうまく処分できる人は福袋向きの人と言えるでしょう。もしいらない洋服の処分に毎度困っているなら、避けた方がいいでしょう。
  • 袋を開けるときのドキドキ感と見えないものを選ぶワクワク感がある…この2つを楽しめるなら向いているといえるでしょう。
特に一番目の内容は重要です。福袋には必ずしも自分が必要とするものが入っているとは限りません。むしろ不要なものの方が多いかもしれません。その時に不要だから要らないで終わらせるのではなく、自分なりの活用方法を自分で考えて工夫できることが重要であると言えます。どんなガラクタも見る人が見れば強力なアイテムに化けるものです。

関連するタロットカードの意味解釈
01.魔術師
魔術師 目の前のガラクタを自分なりにどう活用するかを考えると道が拓かれます。 
 

ジングルベルの歌詞

世間はクリスマス一色で街を歩いているとジングルベルの曲が聞こえてきます。日本語版のサビの歌詞「ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る」は良く知られています。しかし元の英語の歌詞を調べてみれば見るほど、私はこの訳に違和感を覚えました。

  「ジングルベル ジングルベル 鈴が鳴る」に対応する英語の歌詞は

Jingle bells
Jingle bells 
Jingle all the way

です。ジングルベルは英語の歌詞をそのままカタカナ表記したものであることが分かります。 では直訳してみましょう。

Jingleは「ジャラジャラ音をたてる」という意味の動詞です。bellは鈴。bellsと複数形になっているので鈴は複数あります。Jingle bellsは主語の無い、動詞+目的語の文章です。中学校の英語で習ったと思いますが、この文型は命令文です。すなわちJingle bellsは「鈴を鳴らしなさい」という直訳になります。

all the wayは「ずっと続けて」という意味です。 Jingle all the wayは「ずっと(鈴を)鳴らし続けなさい。」という訳になります。鈴の音がするのは鳴らしている人が居るからです。誰かが鳴らしてくれるのを受け身の姿勢で待つのではなく、鈴の音が必要ならば自分で主体的に鳴らすべきである、という解釈が出来ます。何ともアングロサクソンっぽいと言いますか。一方で日本語訳は「鈴が鳴る」となっています。これは誰かが鳴らしているのを自分は聞いているだけといううがった解釈も出来ます。とはいえ、歌としてのゴロの良さを考えると「鈴が鳴る」にせざるを得なかったという、翻訳者の苦労もあったのではと思います。

いずれも推測や独自解釈の域を出ませんが、「鈴が鳴る」が独り歩きして元の「鳴らしなさい」が忘れられかけていることも否めません。戦後(高度成長期以降)日本人に受け身的な人が増えたことと印象が重なってしまうのは私だけでしょうか。これを機に、今年のクリスマスからは誰かに何かをして貰うのを待つのではなく、自分から率先して行動を起こすことを意識して見るのも良いと思います。

関連するタロットカードの意味解釈
ワンドキング
ワンドキング 自ら意図を持って率先して行動を起こそうとする人物です。
 
プロフィール
インフォメーション




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

精神世界ランキング


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします

記事検索
過去の記事
よく検索される単語
  • ライブドアブログ